海外旅行保険のメリットと選び方

旅行に出る前に加入しておきたい海外旅行保険

海外でのトラブルに役立つ海外旅行保険の特徴を選び方

海外での怪我や病気に備える保険

日本国内では病気や怪我をした際は健康保険を使っての治療を選ぶことができますが、海外旅行先でもしも病気や怪我をしてしまった場合はどのように対処すれば良いかわからないという人も少なくありません。しかも海外の医療費は高額になることも多く、場合によっては支払いが困難になる可能性もあります。そんな場合にも海外旅行保険に加入しておけば自己負担の額を大幅に減らすことができますし、現地での日本語サポートも受けることができますので外国語が苦手な人にも安心です。怪我や盗難などに気をつけることはもちろん大切ですが、保険に加入しておくとより安心して旅行を楽しめるようになります。

荷物の紛失や盗難などのトラブルにも対応

海外旅行保険は病気や怪我の際に役立つことはもちろん、荷物の紛失や盗難、さらに他人のものを壊してしまった時や他人に怪我をさせてしまった場合など幅広く対応しています。そして、病気や怪我の際は、国内に住む家族が現地に駆けつけることもありますが、そんな場合の家族の航空運賃や宿泊費を補うのにも役立ちます。海外では予測できない事態が発生する可能性もありますが、何等かの理由で旅行がキャンセルになった場合にも対応できますし、航空機の遅延リスクなどにも対応しているかもチェックしておきます。クレジットカードにも保険は付帯されていることが多くなっていますが、保障が不足していると感じる場合は新たに加入しておくことがおすすめです。まずは、クレジットカードに付帯している保険の内容をしっかりと確認し、足りない部分を補っておきましょう。

キャッシュレス治療に対応しているか

海外で病気や怪我をした際も海外旅行保険に加入しておくと安心感がありますが、キャッシュレス治療に対応していない保険を選んでしまうと、現地で多額の支払いが必要となる可能性があります。それゆえ、加入前にはキャッシュレス治療が行える保険であるかはよく確認しておきましょう。キャッシュレスで治療を受ける場合は、治療前に保険会社に連絡をして手続きを行っておきます。それから、時にはまだ海外に行く前に、空港に向かうまでにトラブルが発生してしまう可能性もありますが、自宅から空港までのトラブルには保障対象外となっている保険もありますので、こちらもチェックしておきます。せっかく加入した保険も使いこなせなくては意味がありませんので、サポートがしっかりとしている会社の保険を選ぶことがおすすめです。保険は旅行会社や空港でも加入することができますが、保険料を少しでも抑えるのであればインターネット申込みにも注目したいところです。

人気記事ランキング