海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険には様々な補償があります

海外旅行保険の補償内容を確認しておきましょう

病気やケガをした時に補償してくれます

海外旅行保険、保険会社によってその補償内容が異なりますので、事前の確認が必要です。そのひとつが、旅行先で病気やケガをした場合の補償になります。旅行先の環境などの変化よって、病気に掛かったりケガをしたりすることがあります。旅行先にもよりますが、日本国内で使用しているような健康保険をいつでも使えるとは限りません。病気やケガの程度にもよりますが、場合によっては治療費が高額になることも十分に考えられます。そのような突然の出費に対して、事前に準備しておくのが海外旅行保険の役割でもあるのです。ちなみに海外旅行保険には、次のような補償がついています。まずは治療費用補償で、これは旅行先で入院や手術をした際に、一定限度額の範囲内で治療費を補償してくれるものです。また、救援者費用補償は、病人や遺体の移送や搬送にかかる費用を補填してくれ、疾病・傷害死亡補償は旅行先で病気やケガで亡くなったときに保険金を支給してくれるものです。

他人の物を傷つけた時に補償してくれます

海外旅行保険には、他人、あるいは他人の物を傷つけた際、その賠償責任を補償してくれるものもあります。旅行先で何もなければいいのですが、万が一、他人や他人の物を傷つけてしまうことがあるかもしれません。例えば、海で泳いでいる時やスキーをしている時などに、他人とぶつかり、その相手にケガを負わせてしまうなどです。また、子供がホテルやお店の備品を壊してしまったり、ホテルやお店のスプリンクラーを壊して水浸しにしてしまったりなど、様々な事例が考えられます。このように、他人、あるいは他人の物を傷つけてしまった場合に補償してくれるのが、海外旅行保険でもあるのです。ケースによっては、賠償責任が数百万円、数千万円以上に及ぶこともありますので、事前にしっかり備えておく必要があります。

交通機関や携帯品のトラブルを補填してくれます

海外旅行保険には、交通機関や携帯品のトラブルに遭った場合に補償してくれるものもあります。海外旅行をしている時、予期せぬ交通機関のトラブルに巻き込まれることがあります。例えば、飛行機が欠航したり遅延したりして余計に宿泊費や飲食代などが掛かったり、空港に預けた荷物の到着が遅延し、現地で必要な物を購入したりするケースなどです。海外旅行保険には、そのような交通機関のトラブルや携帯品の購入によって発生した費用を補填してくれるサービスも付いています。海外旅行は何が起こるか分かりませんので、出発前にしっかり準備しておくことが大切です。

人気記事ランキング